会 期
プレコングレス2019年6月14日(金) 学術集会2019年6月15日(土)
会 場
JMSアステールプラザ / 広島市文化交流会館
学術集会長
大平 光子広島大学大学院医歯薬保健学研究科 助産・母性看護開発学 教授
TOP

プログラム

第21回日本母性看護学会学術集会プログラム(予定)

9:00~ 開会式
9:10~9:40 会長講演「マタニティサイクルとライフサイクルの有機的連続性」
大平 光子 (広島大学大学院医歯薬保健学研究科 助産・母性看護開発学 教授)
9:45~10:45 教育講演Ⅰ「アタッチメント形成における周産期メンタルヘルスの意義-世代間伝達の視点から-」
山下 洋 (九州大学病院子どものこころの診療部 准教授)
10:50~11:50 教育講演Ⅱ「『親を理解したい』から始まる個別支援」
中板 育美 (武蔵野大学 看護学部 教授)
12:00~12:50 ランチョンセミナー
12:55~13:55 総 会
14:00~15:10 特別講演「虐待により傷ついた脳のライフサイクルへの影響」
友田 明美 (福井大学子どものこころの発達研究センター 教授)
15:15~17:15 シンポジウム「多様性を尊重し家族が持つ力の発揮を支援する多職種連携・協働」
松浦 洋栄 (NPO子育て運動えん理事、MY TREE ペアレンツ・プログラム実践者)
松井 剛太 (国立大学法人香川大学 教育学部幼児教育コース 准教授)
吉元 一峰 (広島県発達障害者支援センター)
酒井 珠江 (広島県教育委員会事務局 教育部 豊かな心育成課 生徒指導係 スクールソーシャルワーカー スーパーバイザー)
一般口演、示説発表、CNS実践報告会、ナーシングサイエンスカフェ
17:15~ 閉会式

※本プログラムは、現時点での予定です。今後、変更になる可能性があります。